プラサーチ コーポレーション

石油化学系統図

ポリプロピレン

【固体】

耐薬品性や絶縁性に優れた熱可塑性合成樹脂でこの性質を利用し薬品の容器やテレビ、ステレオなどに良く使用されている。
これらに使われる射出成型向けが全体の約半分を占め、他ではフィルム、繊維向けなどが多い。生産量はポリエチレンに次いで多く合成樹脂を代表する存在だが、需要はこのところ頭打ち。価格は主原料の原油価格や為替、アジアの需要に左右される度合いが大きい。

プラスチックの市況情報を毎週更新

││石油化学系統図へ戻る││

個人情報保護ポリシー