プラサーチ コーポレーション

石油化学系統図

ポリスチレン

【固体】

GP(一般用)とゴム成分を加えて耐衝撃性を増したHI(ハイインパクト)の2種類がある。年間生産量はやや減少傾向にある。
包装材料向けが3分の1以上を占め、電機・工業用や雑貨・産業用が続く。このところ、海外移転から雑貨向けの減少が目立つ。
ナフサが原料のため、相場は原油価格や為替、アジアの相場に大きく左右される。近年は容器を薄くするなど節約志向が高まっている。

プラスチックの市況情報を毎週更新

││石油化学系統図へ戻る││

個人情報保護ポリシー