プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 エチレンビニルアルコール共重合樹脂(Ethylene vinyl alcohl copolymer)

TOP > 樹脂概要一覧 > エチレンビニルアルコール共重合樹脂(Ethylene vinyl alcohl copolymer)

エチレンビニルアルコール共重合樹脂(Ethylene vinyl alcohl copolymer)

別名 EVOH
概要 1974年に日本合成化学工業の独自技術によって開発されたエチレン・ビニルアルコール共重合熱可塑性樹脂である。ガスバリア性樹脂の中でも極めて優れたガスバリア性能をもち、また、押出成形性にも優れていることから、食品包装材として大きな伸びを示している。さらに、その優れた特性を活かしてエンジニアリングプラスチックや繊維等、他の熱成形用途や他樹脂の改質剤としての用途も注目されている。
原料 エチレン、酢酸ビニール
用途 【食品包装材】
多層フィルム、ゼリーカップ、ケチャップボトル、ジュース用カートンボックスなど
【建材】
プラスチック釘、壁紙、床暖房用パイプなど
【自動車関係】
多層燃料タンク
【エンプラ】
鋳物・アルミダイキャスト代替品、カードラジオのシャーシ、コピー機のトレーなど

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー