プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 熱可塑性ポリウレタンエラストマー(Thrmo-Plastic-Polyurethane)

TOP > 樹脂概要一覧 > 熱可塑性ポリウレタンエラストマー(Thrmo-Plastic-Polyurethane)

熱可塑性ポリウレタンエラストマー(Thrmo-Plastic-Polyurethane)

別名 TPU
概要 1950年の末、ドイツのバイエル社により初めて企業化された。わが国では、1963年〜1964年にかけて日本エラストラン、保土谷化学工業、大日本インキ化学工業の3社が相次いで国産化を開始した。
1988年までは2ケタ近い成長率を継いできたが、その後は1ケタの成長にとどまっている。市場が拡大するにつれ、国産・輸入品ともに新規サプライヤーが相次いで参入した。
原料 MDI(4,4−ジフェニルメタンジイソシアネート)等のイソシアネート
ポリエステル
ポリエーテル
用途 【射出成形品】
機械部品、スポーツシューズのソール、スキー靴の一体成型、ローラーキャスター
【押出成形】
油空圧用ホース、チューブ、丸ベルト、平ベルト、フィルム、シート
【カレンダー加工品】
コンベヤーベルト用、ターボリン、ラミネート品
【溶剤加工品】
テープのバインダー、接着剤、溶融防糸弾性繊維
【中空成形品】
自動車・車両部品

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー