プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 ポリイミド樹脂(Poly Imide Resin)

TOP > 樹脂概要一覧 > ポリイミド樹脂(Poly Imide Resin)

ポリイミド樹脂(Poly Imide Resin)

別名 PPS     芳香族ヘテロ環ポリマーの一種 
概要 特殊エンジニアリングプラスチックの一つで、開発当初は、宇宙開発、軍事用途に使用されてきたのだが、耐熱性、難燃性、機械的強度に優れていることから、最近ではコンピューター、ロケツト、航空機、自動車、原子力発電等の分野で、金属を代替する素材として脚光を浴び、需要が急速に拡がりつつある。(熱硬化性樹脂)
原料 有機芳香族酸とアミン重縮合化合物
用途 【電気産業】
コンピューター等のプリント回路基板( 多層) スイッチ、タイマー、サーモスタットの絶縁板、変圧器の一次コイルと二次コイルの絶縁板、電子レンジの仕切板、ヒーター基板、ICコネクター、混成IC基板
【一般機械産業】
各種ピストンリング、回転機器のシール材、ポンプやコンプレッサーの羽根、自動販売機の部品、ピストンスカート、ブレーキライニング、ドライブシャフト、各種ギヤ類、ホイール、エンジンロッド
【飛行機産業】
ロケットの加熱部分(レーダードーム、ノズル、補助翼など)、エンジン後部のリバースショベル(ロールスロイスRB−211)、搭載用小型コンピューターの多層プリント基板、スペースシャトルのウイングチップの外皮、コンプレッサーブレード、飛行機の床、ブロッカードア
【原子力産業】
ウランの遠心分離機

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー