プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 ポリブチレンテレフタレート(Polybutylene Terephthalate)

TOP > 樹脂概要一覧 > ポリブチレンテレフタレート(Polybutylene Terephthalate)

ポリブチレンテレフタレート(Polybutylene Terephthalate)

別名 PBT     PTMT(ポリテトラメチレンテレフタレート)
概要 昭和45年にセラニーズ、GEによって米国で上市されたPBT樹脂は直ちにわが国でも輸入販売されるとともに、国産メーカーも7 社が名乗りを上げ、第1次石油ショック後の不況が終わった頃から急激に成長した。耐熱性、難燃性、寸法安定性など諸特性と価格のバランスがとれていることからコネクタなどの電気・電子用途を中心に需要をもっているが、自動車、押出など用途が広がっている。
原料 ジメチルテレフタレートまたは高純度テレフタル酸
1,4-ブタンジオール
用途 【電気】
コイルボビン、コネクター、スイッチ、抵抗器部品、ソケット、リレー、コンデンサケース
【自動車】
エアーアウトレットガーニッシュ、フードベント、ディストリビューターキャップ、排ガスコントロールバルブ
【機械】
ギヤ、カム
【時計】
地板
【カメラ】
底蓋、鏡胴、レバー
【レジャー】
リール

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー