プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 ポリアセタール樹脂(Polyacetal Resins)

TOP > 樹脂概要一覧 > ポリアセタール樹脂(Polyacetal Resins)

ポリアセタール樹脂(Polyacetal Resins)

別名 POM     ポリオキシメチレン(POM)、 ポリホルムアルデヒド
概要 結晶度の極めて高いその機械的性質は、最も金属材料に近い代表的なエンプラである。1960年に米デュポン社がホモポリマーを、次いで同62年セラニーズ社(米)が、コポリマーを工業化したのに始まり、わが国では、セラニーズ社とダイセル化学工業との合併会社であるポリプラスチックスが昭和37年に市販を始め、同43年に国産化を開始した。続き自社技術により開発に成功した旭化成工業
(現旭化成ケミカルズ)および三菱ガス化学(現三菱エンジニアリングプラスチックス)も参入した。
耐疲労性、強靭性、耐摩耗性など、他の材料にはみられない優れた特長を持っており、金属にかわるプラスチックとして広く用いられている。
原料 α−ポリオキシメチレン、ホルムアルデヒド
用途 自動車、電子製品、容器、日用雑貨、電機製品、一般機械、配管部品、精密機械、シート・板、その他工業部品、その他輸送機器、輸出

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー