プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 ポリスチレン(Polystyrene)

TOP > 樹脂概要一覧 > ポリスチレン(Polystyrene)

ポリスチレン(Polystyrene)

別名 PS     スチロール樹脂、ポリスチロール
概要 ポリスチレンは非結晶性熱可塑性樹脂として、昭和29年米国から輸入、昭和32年に国産化された。
一般用ポリスチレン(GP-PS)、スチレンモノマーの重合時にポリブタジエンなどを添加することによって耐衝撃性を改良した耐衝撃性ポリスチレン(HI-PS)、両者をブレンドした中間のグレード(MIPS)があるが、電気工業製品、家具建材、一般日用品雑貨など広い分野で用いられている。
原料 GPタイプ:スチレンモノマー
HIタイプ:スチレンモノマー、ポリブタジエン
用途 【電気器具】
ラジオカセット、テレビハウジング、ステレオカバー、照明器具
【車輛関係】
メーターカバー、ランプレンズ
【雑貨】
食卓用品
【文具】
定規
【玩具】
一般玩具
【その他】
医療器

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー