プラサーチ コーポレーション

樹脂概要一覧 低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene)

TOP > 樹脂概要一覧 > 低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene)

低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene)

別名 LDPE     高圧性ポリエチレン、LDPE
概要 1933年、英国ICI社で発見されたポリエチレンは、同じICI社により1939年工業化された。
日本では、1958年に住友化学がICI社の技術をもとに、国産化された。
低密度ポリエチレンは、単純な長鎖ではなく、分子鎖の中間または端鎖において短鎖または長鎖の分枝を生じているだけではなく2重結合もある。これが分子量および分子量分布とともに同樹脂の性質の大部分を左右するといわれる。
原料 CH2=CH2、エチレン
用途 【包装用フィルム】
一般包装、重包装、収縮包装
【農業用フィルム】
マルチ用、トンネル用、ハウス用
【電線】
電力ケーブル、通信ケーブル
【土木、建築資材】
パイプ、シート類
【各種雑貨類】

「プラさっち」お申込の方に「樹脂概要一覧」をプレゼント!

プラスチックの市況情報を毎週更新

ウェブサイトによる樹脂検索が可能に。詳しくはこちら。

││樹脂概要一覧へ戻る││

個人情報保護ポリシー